イジョンソクのプロフィール紹介、熱愛彼女・整形の噂の真相は?

イジョンソク
https://korean-channel.com/lee-jong-suk-cool-hairstyle-plain-clothes

イジョンソクのプロフィール

・本名:芸名と同じ (이종석)

・生年月日:1989年9月14日

・職業:俳優、モデル

・出身地:韓国

・身長/体重:186cm/65kg?

・血液型:A型

・兄弟:弟と妹が一人づつ

・経歴:

イジョンソクは昔から長身でイケメンだったため、中学生のころにスカウトをされモデルとしての活動を開始した。

その後、彼はトップモデルにまでなり、2010にはドラマ「刑事プリンセス」に出演し、俳優デビューも果たしている。

彼をトップ俳優にまで導いた代表作は2010~2011年の「シークレットガーデン」、2013年の「君の声が聞こえる」、2014年の「ドクター異邦人」「ピノキオ」だろう。
これらの活躍によって彼は韓流新四天王の1人と言われいている。
(他の新四天王は、キム・スヒョン、イ・ミンホ、キム・ウビン)

特に「ピノキオ」の中ではパクシネとのロマンスを演じ、日本でも大流行した”壁ドン”を披露したり、食パンを両側から食べながらのキスなど、この綺麗で可愛らしい顔立ちで、世の中の女性を魅了する演技を見せていた。
ピノキオでの彼を見て虜になってしまった日本人女性も多いだろう。

ピノキオ以降は2016年の「W-二つの世界-」に出演し、ハンヒョジュとのロマンスを演じ、平均視聴率11.6% 最高視聴率13.8%と好調な数字を叩き出している。
イジョンソクは国内でも数字が安定して取れると信頼されている俳優で、ファンも彼の出演作にはハズレがないともコメントするほど。

このような活躍をする彼は韓国だけでなく、中国や日本など、アジアの広い範囲で注目されるスターである。

イジョンソクの彼女・熱愛の噂 その1 チョンソミン

イジョンソクの彼女と噂されたチョンソミン
https://korean-channel.com/jung-so-min-boyfriend

イジョンソクの熱愛彼女は、女優のチョンソミンと噂されていた。

チョンソミンとの出会い

チョンソミンとはドラマや映画などで共演したことはないようだが、一度グラビアの撮影で一緒になったことがあったようだ。

チョンソミンとの熱愛が疑われた理由

チョンソミンとの熱愛が噂されたのは、2013年2月のことだった。
韓国の空港から、日本行きの同じ便の飛行機に彼女と乗るところをキャッチされたというのだ。

するとイジョンソクの所属事務所は「日本にいる友達に会うため、マネージャーと一緒に旅行へ出かけたのは事実。空港で偶然にもチョンソミンと会ったので挨拶を交わしただけ。交際は事実でない」とコメントし、またチョンソミン側も「プライベートな休暇で日本にいる友人と過ごすため日本に向かった。イジョンソクとは何の関係もなく、熱愛は事実ではない」としている。

しかし双方の事務所からこうした説明があっても疑いは晴れなかったのだとか。
さらには「2人が東京行きの飛行機に搭乗したのを目撃した」という情報まで出てきて、彼女との熱愛説はどんどん拡散してしまったという。

チョンソミンが恋人だった可能性

騒ぎが大きくなってしまったため、イジョンソク自身がSNSで釈明することになったようだ。
イジョンソクは日本の飲食店で友人たちと一緒にいる姿の画像をアップすると同時に「友達に会いに来たのに、もうびっくり!まぁ、僕も有名になったみたいで、胸がいっぱい!」といったコメントをして、チョンソミンとの熱愛をきっぱりと否定している。

すると「こうやって自分で釈明してくれると、どれだけいいことか」「もしかしたらと思ったけど、違った」「熱愛説はただの噂だった」「かわいい釈明」など、イジョンソクの行動を高く評価する声が多く寄せられたようだ。

またイジョンソクは後のインタビューでもこの件に触れていて「ドラマが終わって休暇で日本に行く時、空港でチョンソミンと偶然会った。彼女とは過去にグラビア撮影で会ったことがあり、それから連絡をとることはなかったが、顔見知りで無視もできないから挨拶しただけ」と語り、さらに「日本に到着後、事務所の社長から連絡があり、“本当のことを話せ”と言われた。“本当に違う”と答えて状況を説明した。僕はストレスがあると寝ないといけないタイプなので、初日はずっと寝て過ごした。2泊3日の予定だったのに、ちゃんと休暇を過ごしたのは1日だけだった」と、当時は相当困惑していたことを明かしていた。

そして今回騒動になってしまったが、チョンソミンとは同い年なので今度会った時には友達になりたいとも話していたようである。

チョンソミンの熱愛彼氏・整形情報はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加