チュジンモの彼女・熱愛情報まとめ

チュジンモ
http://blog.goo.ne.jp/raburabutyann722/m/201102

チュジンモのプロフィール

・本名:パクジンテ

・生年月日:1974年8月11日

・職業:俳優

・出身地:韓国ソウル特別市

・出身校:
仁川短期大学体育学科(兵役のため中退)
中央大学校演劇映画科

・身長/体重:180cm/72kg

・血液型:O型

・兄弟:姉3人

・経歴:

キムタクに似ていると言われ、健康的なイケメンのチュジンモは、高校時代にはヘビメタバンドでリーダーをしていたという。

兵役後、1999年の映画『ダンス・ダンス』で主演デビューし、同年に出演した映画『ハッピーエンド』では大鐘賞映画祭・助演男優賞を受賞した。
2001年にはオール中国ロケの『MUSA-武士-』や『ワニとジュナ』に出演し、映画界での地位を確立していく。
2006年の映画『カンナさん大成功です!』では大韓民国映画演技大賞・ベストカップル賞を獲得、アジア圏でもスターという存在になっていった。
2007年の『愛 サラン』では青龍映画賞・人気スター賞を、そして2008年の『霜花店(サンファジョム) 運命、その愛』で、百想芸術大賞映画部門において念願だった最優秀主演男優賞を受賞する。

“プラダ”の紙面モデルを務めたこともあるチュジンモは、2010年に下着ブランドのモデルに起用された。
そして鍛えあげられた筋肉を披露して話題となり、コリアジュエリーアワードダイヤモンド賞とスタイルアイコンアワーズ映画俳優部門を獲得している。

また映画だけでなくドラマにも出演していて、2013年は高視聴率ドラマ『奇皇后』の出演により、MBC演技大賞・特別企画男女最優秀賞を受賞した。

そのほかの主な出演作品は、映画『リアル・フィクション』『ライアー』『イカサマ師』『電脳遊戯プロジェクト、パズル』『男たちの挽歌(韓国版)』『GABIガビ』『チング2 永遠の絆』、ドラマ『悲しい誘惑』『起こった顔で振り返れ』『パンチ』『ファッション70s』『ゲームの女王』『MY DREAM』『愛するウンドン』などがある。

2016年9月からはドラマ『キャリアを引く女』でチェジウと初共演し、“お似合い”と話題になっていた。
チュジンモとチェジウは、実際は10年以上前から知り合いだったため、気楽に撮影できたという。
撮影現場で変顔や自虐ネタ、おやじギャグで盛り上げるチュジンモが本当におもしろいと、チェジウは話していたようだ。

チュジンモの彼女・熱愛の噂 その1 モデルの女性

チュジンモの過去の熱愛彼女は、有名モデルと噂されていた。

女性との熱愛が発覚した理由

2007年のインタビューで、熱愛だった彼女との破局を語っていたようだ。

チュジンモは2004年に、有名モデルと熱愛中だと告白したことがあったという。
彼女とは6年も交際していたので、結婚も真剣に考えていたが、色々な理由から別れてしまったのだとか。

そして「愛と結婚が難しいということを、いまさらながら悟った。破局以降、結婚という時期を逃したという気がしていて、今は彼女よりも仕事を追う時だと思っている」と心境を述べていたようだ。

またこの年には、ある女性が「先日までチュジンモと熱愛関係だった」などと暴露したとう出来事ももあったが、女性は新人タレントであり、「売名行為だった」と言われているようである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加