峯田和伸の熱愛彼女は一般女性?臼田あさ美?その真相は?

峯田和伸

峯田和伸のプロフィール

・本名:芸名と同じ 別名:ミネタカズノブ

・生年月日:1977年12月10日

・職業:シンガーソングライター、俳優

・出身地:山形県東村山郡山辺町

・出身校:
山辺町立山辺小学校
山辺町立山辺中学校
山形市立商業高等学校
東京情報大学経営情報学部経済学科

・身長/体重:170㎝/60㎏

・血液型:A型

・兄弟:弟、妹

・経歴:

激しいライブパフォーマンスや、感情をストレートに生々しく表現した楽曲が人気のミュージシャンである。

1999年、大学時代に結成した青春パンクバンド・GOING STEADYでデビュー、ボーカルとギターを担当した。
デビューシングルは発売1ヶ月で1万枚のセールスとなるなど人気を博していた中、2003年に解散している。
同年には銀杏BOYZ名義で峯田和伸はソロ活動を開始、エレファントカシマシのトリビュートアルバム『花男』にボーカルで参加した。

その後、元GOING STEADYのメンバーを含めた4人で銀杏BOYZとしての活動を始める。
2003年からはレコーディングをしながらライブ活動を行い、2005年1月にアルバムを2枚同時発売した。
その時のアルバム『君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命』と『DOOR』は、オリコンチャートで6位と7位にランクインしている。

ライブで過激なパフォーマンスを披露する峯田和伸は、ツアー中に何度も骨折したり等トラブルも多いが、ファンは盛り上がるようである。

峯田和伸個人では、2003年の映画『アイデン&ティティ』で初主演を務めた。
俳優としてのデビューも果たし、その後も映画やドラマなどで独特な存在感を発揮している。

2014年7月には『母に欲す』で舞台デビュー、同年10月には関ジャニ∞『言ったじゃないか』の作曲を担当した。
2015年、GOING STEADY時代からの代表曲『BABY BABY』がドラマ『恋仲』で鍵になる曲として使われたことから出演をオファーされ、『恋仲』の最終回で民放ドラマに初出演する。
そして2016年にNHK BSプレミアム『奇跡の人』で連続ドラマ初主演を果たす。

銀杏BOYZ は2013年にメンバー3人が脱退したが、峯田和伸は銀杏BOYZとしてソロでライブを行うなど活動を続けている。
2016年4月には2年ぶりのシングル『生きたい』をリリース、6月からはツアーも開催している。

峯田和伸の彼女・熱愛の噂 その1 一般女性

峯田和伸の熱愛彼女は、「チヒロちゃん」という一般人女性だったと言われている。

熱愛相手がチヒロちゃんだったと噂されている理由

銀杏BOYZ として初めてリリースした2005年1月のアルバム『君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命』。
その中に収録されている『SKOOL KILL』のPVに、元彼女役で登場している女性が「本当の元カノ」という情報があった。
女性は「チヒロちゃん」といって、峯田和伸の2人目の彼女ではないかと言われている。

また2007年にリリースされたシングル『あいどんわなだい』のカップリングは『東北新幹線はチヒロちゃんを乗せて』という曲名だ。
『東北新幹線はチヒロちゃんを乗せて』は、元カノ・チヒロちゃんへの想いを綴った歌詞の、切ない歌となっている。

チヒロちゃんが熱愛の彼女であった可能性

2004年の峯田和伸のブログを見ると、熱愛になった女性たちのことを自ら綴っていた。
ブログによると、2人目の彼女と2001年に交際していたが、『佳代』という曲を作ったら泣かれてしまったのだという。
佳代というのは22歳の時にはじめてできた恋人の名前で、かみ合わなくなって破局したそうだ。
峯田和伸はその後も恋人が何人かいたと告白している。

また2008年のライブの際には、“「メンバーが最近結婚した」と元カノのチヒロちゃんにメールしたら、「私も入籍した」と返事があった”というエピソードを披露していたようだ。
どうやら現在のチヒロちゃんは結婚しているようである。

こうした情報などから、PVの女性が「チヒロちゃん」という2番目に熱愛関係になった女性だった可能性は高そうだ。

それにしても別れた恋人をPVに登場させるなんて奇抜なアイデアであるし、彼女の方もよく出演したものだと思う。
恋愛関係は解消したが、PVに出演してもらったり、歌まで作ったり、メールしたりと、どうやらその後もいい関係が続いているようである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加