長友佑都の彼女・熱愛情報まとめ

長友佑都

長友佑都のプロフィール

・本名:長友佑都

・生年月日:1986年9月12日

・職業:プロサッカー選手

・出身地:愛媛県西条市

・出身校:
西条市立西条北中学校
東福岡高等学校
明治大学

・身長/体重:170cm/68kg

・血液型:O型

・兄弟:姉、弟

・経歴:

長友佑都といえば、豊富な運動量とスピートを武器とする日本を代表する世界で活躍するサイドバック。
そんな彼だが、彼は遅咲きの選手で若くから日本のトップレベルで活躍できる選手ではなかった。

彼がサッカーを始めたのは小学1年生のとき。そして小学6年生のときに愛媛FCジュニアユースのセレクションを受けるも、なんと不合格となり、いきなり挫折を味わっている。

このようにして中学サッカーをクラブチームではなく、部活で取り組むことになるが、このことが今の長友佑都という選手を作り上げたと言っていいかもしれない。
この中学時代に恩師といえる存在の顧問に出会い、ここでの厳しい走り込みが今の長友佑都のスタミナを作ったのだ。

そして高校は強豪校、東福岡に進学し、この豊富な運動量を活かして2年時からボランチでスタメンを勝ち取る。しかしながら、選抜に選ばれることなどはなく、高校時代は無名選手だった。
このため、進学先の明治大学もスポーツ推薦ではなく、指定校推薦で入学している。

この大学サッカーでも長友佑都に大きな転機が訪れる。サイドバックへのコンバートだ。
入部早々にヘルニアを発症し、パチンコなどに走ってしまうこともあったが、周りのサポートもあり、しっかりサッカーに専念。
サイドバックとして他を圧倒する存在感を見せつけることになった。

そんな中、FC東京との練習試合があり、長友佑都の対人の強さがFC東京関係者の目にとまり、彼を強化指定選手に。そして、大学卒業を待たずしてプロ契約。サッカー部は退部することになった。
この決断は、シングルマザーだった母親を少しでも早く楽にしてあげたいという優しい理由からだった。

その後はJリーグでの活躍から日本代表に選出され、世界からも注目されるようになり、チェゼーナを経て現在では名門インテルでプレーするまでになった。
今では推定年俸4億円のビッグプレイヤーだ。

長友佑都の彼女・熱愛の噂 その1 一般女性

長友佑都の熱愛彼女として知られる最初の女性は、沖縄県宮古島伊良部島出身で慶應大学卒業のOLだ。
彼女とは長友佑都が大学時代に交際していたようだ。

この彼女は松雪泰子似のかなりの美人だったと言われてる。
そして、結婚するという噂まで流れたこともあった。この結婚の噂は長友佑都が彼女の実家に挨拶に行ったということから流れたもの。
長友佑都もこの彼女の存在を認めていただけに、結婚説がかなり有力になった。

サッカー選手は早くに家庭を持つことが多いため、長友佑都も彼女と結婚するかと思われていたが、2人は結局破局してしまう。

理由は長友佑都がイタリアでプレーすることになったことによる、遠距離恋愛と言われている。

これからは長友佑都の恋人と噂された芸能人たちを紹介していく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加