佐々木蔵之介の彼女・熱愛情報まとめ

佐々木蔵之介
https://r25.jp/entertainment/00055122/

佐々木蔵之介のプロフィール

・本名:佐々木秀明

・生年月日:1968年2月4日

・職業:俳優

・出身地:京都府京都市

・出身校:
ノートルダム学院小学校
京都市立二条中学校
洛南高等学校
東京農業大学農学部→神戸大学農学部に編入

・身長/体重:182cm/74kg

・血液型:O型

・兄弟:兄、弟

・経歴:

作品に出演するたびに話題となる実力派俳優の佐々木蔵之介は、西島秀俊や福山雅治、向井理や妻夫木聡といった大物イケメン達がどんどん結婚していく中、「結婚したらショックな男性芸能人ランキング」で第5位となっている。

実家は京都の老舗・佐々木酒造で、東大卒の兄が建築の道に進んだため、大学では次男である自分が実家の跡継ぎになるための勉強をしていたという。
大学時代に軽い気持ちで入った演劇サークルで演技のおもしろさに目覚め、1990年に劇団・惑星ピスタチオの旗揚げに参加している。

大学卒業後、1992年に販売戦略のノウハウを学ぶために広告代理店・大広に入社し、会社勤めしながら劇団の看板俳優として芝居は続けていたそうだ。
そして東京の有名劇団から舞台出演のオファーを受け、悩んだ末に2年半勤めた会社を辞めて役者の道を選んだのだとか。
このことで実家からは勘当され、弟が跡継ぎになったそうだ。

1998年に退団してからは上京し、ドラマや映画などでの活動を増やしていった。
2000年のNHK連続テレビ小説『オードリー』に出演したことで一躍有名になると、実家からも許しが出て、「オードリー」という日本酒を作るほどの喜びようだったという。

バイプレーヤーとして多くの作品に出演していたが、2006年に映画『間宮兄弟』で映画初主演を果たす。
2008年はゴールデンの連続ドラマ『ギラギラ』で主演を務め、翌2009年からスタートした主演ドラマ『ハンチョウ~神南署安積班~』は人気となり、シリーズ化されている。

現在はドラマや映画、CMにも引っ張りだこの佐々木蔵之介だが、2005年には演劇ユニット・Team申(チームさる)を立ち上げるなど舞台活動も大切にしているそうだ。
2016年は舞台『BENT』の役作りのために、人生初の丸刈りにして話題になっていた。

2017年は映画『破門 ふたりのヤクビョーガミ』『3月のライオン』『美しい星』『花戦さ』に出演、4月から放送中のNHK連続テレビ小説『ひよっこ』ではヒロイン役の有村架純が働くことになる洋食屋の料理長を演じて注目されている。
また2018年は映画『嘘八百』の出演が決定しているようである。

佐々木蔵之介の彼女・熱愛の噂 その1 小野真弓

佐々木蔵之介の彼女と噂された小野真弓
http://yaplog.jp/yukokaeru/archive/166

佐々木蔵之介の熱愛彼女は、13歳年下の女優、小野真弓と噂されていた。

小野真弓との出会い

2人は2004年9月に放送された、恋のから騒ぎ10周年記念ドラマスペシャル~Love Stories~『三十路の女』で共演していた。
ドラマでは、水着姿の小野真弓が佐々木蔵之介の膝の上に座ってキスをするという熱愛に発展することを疑わせるようなシーンもあったようだ。

小野真弓との熱愛が噂された理由

2004年に『フライデー』が“半同棲”と熱愛を報じたという。
報道後、双方は「同じマンションの違うフロアーに住んでいるだけ」と熱愛を否定したそうだ。

しかし小野真弓と手を繋いで帰宅するツーショット画像も撮られていて、彼女の方がゾッコンだったと言われているようである。

小野真弓との破局

小野真弓とは結婚間近とも言われていたようだが、2006年に彼女が「もう会っていない」などと話していたのだとか。

破局の理由は、多忙によるすれ違いや、佐々木蔵之介の浮気などと噂されているようである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加