ユンホ(ユノ)の彼女・熱愛情報まとめ

ユンホ

ユンホ(ユノ)のプロフィール

・本名:チョン・ユンホ(チョン・ユノ) 別名:ユノ・ユンホ

・生年月日:1986年2月6日

・職業:歌手、作詞、作曲、編曲、俳優、タレント

・出身地:韓国ソウル

・出身校:
明知大学校 公演芸術学部
青雲大学院 放送音楽学

・身長/体重:184cm/66kg

・血液型:A型

・兄弟:チョン・ジヘ(妹)

・経歴:

ユンホ(ユノ)は「東方神起」のリーダーである。
韓国と日本だけでなく、中国や台湾、マレーシア、タイなどにも活動の幅を広げている。

そんな彼も、幼い頃の夢は検事になることであった。
ファンからの信頼も厚いユンホであるが、少年期には修学旅行費や妹の学費を稼ぐため、両親に内緒でバイトをしたこともあったという。

小学生の頃からダンスに目覚め、「第1回SMベスト選抜大会」のオーディションではダンス部門で1位に輝いた。
そして2000年、当時14歳の時にSMエンターテインメントの練習生となった。
この時は事務所まで通うのが遠く、ジュンスやジェジュンのアパートなどに身を寄せたり、駅のホームで寝泊まりする事もあったという。
ユンホの親は芸能界入りを反対していたようだが、ダンスを見せて納得してもらったそうだ。

2004年に「東方神起」で韓国デビューしたのち、2005年には日本でもデビューを果たす。
日本ではエイベックス・エンタテイメントに所属し、「東方神起」のライブ舞台演出担当のSAMとも交流がある。
交流といえば、韓国で同じ事務所に所属する同年代のBoAとも親友のようだ。

2006年には韓国で、ファンを装った人物からジュースをもらって飲んだところ、接着剤が入っていてそのまま入院した。
日本でもこの事件は報じられている。

2015年8月からは韓国で義務となっている「兵役制度」に従い、入隊している。
期間は25~26カ月と言われている。

ユンホ(ユノ)の彼女・熱愛の噂 その1 アラ

ユンホの彼女と噂されたアラ

ユンホの熱愛彼女と噂されていたアラ(コ・アラ)は、韓国の女優である。

彼女は高校時代から日本語を勉強していて、堪能だという。
日本とモンゴルの合作映画「蒼き狼~地果て海尽きるまで~」のオーディションでは4万人の中からグランプリに選ばれ、主演・反町隆史が愛する女性を演じている。

ユンホと彼女は「SMエンターテインメント」という所属事務所が同じであり、この事務所は仲間意識を大切にしているという。
東方神起のPV「HUG」(2004年)、「これだけは知っているが」(2011年)にも彼女は出演している。

ユンホは彼女と小学6年生からの長い付き合いであり、親密度が高かったことから熱愛だと言われたようである。
またユンホが主演を務めた2009年ドラマ「No Limit~地面にヘディング~」で、彼女はヒロイン役だったことからも熱愛説が出たという。
ラブシーンもお似合いで、撮影中もまるで熱愛カップルのように親しげな様子だったそうだ。

だがSMエンターテインメントは彼女との熱愛を否定している。
ユンホも彼女のことは友人だと言っているようである。
彼女とは仲の良い幼馴染であり、熱愛ではなくどちらかというと兄妹といった関係のようである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加