カンドンウォンの彼女・熱愛情報まとめ

カンドンウォン

カンドンウォンのプロフィール

・本名:芸名と同じ(姜棟元)

・生年月日:1981年1月18日

・職業:俳優

・出身地:韓国釜山

・出身校:漢陽大学校機械工学科

・身長/体重:186cm/72kg

・血液型:B型

・兄弟:姉

・経歴:

2000年にスカウトされて大学2年生の時からモデルとして活動、パリコレに出演したこともある。
2003年のドラマ『威風堂々な彼女』で俳優としてデビューした。
CMでも活躍し、2004年にはじめての映画『彼女を信じないでください』で主人公を演じ、“新世代イケメンスター”の仲間入りをする。
同年は映画『オオカミの誘惑』でアクションにも挑戦して、演技力も認められた。

その後も映画『デュエリスト』『私たちの幸せな時間』『あいつの声』『M』『チョン・ウチ時空道士』『義兄弟』など多くの作品に出演し、後に日本でもすべて公開されている。

2010年11月から兵役し、除隊後は2014年の映画『群盗:民乱の時代』『ドキドキ私の人生』などに出演して、華々しく復帰した。
2015年11月、エクソシズム映画『黒い司祭たち』ではカンドンウォンシンドロームが巻き起こったという。
2016年のファンジョンミンとW主演を務めた映画『検事外伝』では壊れたダンスを披露し、人気を博した。

同年4月にクランクインした新作映画『マスター』ではイビョンホン、キムウビンと共に主演を務めるようで、「トップスター3人の共演」と早くも話題だ。
カンドンウォンは刑事役にはじめてチャレンジするようである。

カンドンウォンの彼女・熱愛の噂 その1 元モデルの女性

カンドンウォンはデビュー後、熱愛彼女だった元モデルの女性を堂々と明かして話題になっていた。
女性は高校生だった1998年から2003年までの約5年間、雑誌やファッションショーのモデルとして活動していたようである。

彼女だった元モデルの女性との出会い

女性がモデルをしていた20歳の時に出会い、熱愛関係になったという。
2001年頃と考えられるが、カンドンウォンもこの時期はモデルとして活動していた。
そのため、モデルの仕事を通して知り合ったのではないかと言われているようである。

公開熱愛によるファンからの妬み

カンドンウォンが熱愛を明かしていたため、彼女であることはバレバレで、ファンたちは誰もが女性をうらやましがっていたようである。

女性はカンドンウォンとの交際中、2003年から将来のために留学し、カンドンウォンは俳優デビューして本格的に芸能活動を開始した。
女性は3年間留学した後、2006年の初めに帰国したそうだ。

これまで女性はメディアに登場することはなかったが、帰国後にあるインタビューに答えていた。
その時の記事によると、女性は人気スターになったカンドンウォンの一部のファンから嫉妬され、数年間バッシングを受け続けていたようである。
ホームページなどに良くないことを書き込まれたり、悪質なデマに苦しめられたりしていて、女性はかなり疲れた様子だったという。

だが女性は「カンドンウォンが芸能人だから交際したのではなく、また芸能人になったから別れるというのもおかしい」と主張していたようだ。
直接会った記者は女性に対して、「力強くて知的なイメージ、自分の夢に向かってキャリアを積み上げていて、トップスターの恋人としてふさわしい素敵な性格」と語っていた。

熱愛だった彼女との破局

カンドンウォンがブレイクする前から恋人で、一部のファンから叩かれても熱愛を続けていた2人。
だが2006年の夏、とうとう女性は「カンドンウォンの彼女」ということに疲れて破局してしまったようだ。
破局後はカンドンウォンもかなり苦しかったようである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加