満島ひかりの結婚・離婚・歴代彼氏情報まとめ

満島ひかり
http://charmation.com/253.html

満島ひかりのプロフィール

・本名:芸名と同じ

・生年月日:1985年11月30日

・職業:女優、歌手

・出身地:沖縄県沖縄市

・出身校:
沖縄市立東中学校
八雲学園高等学校

・身長/体重:162cm/不明

・スリーサイズ:75-60.5-89

・血液型:A型

・兄弟:満島真之介(弟)、満島みなみ(妹)、満島光太郎(弟)

・経歴:

祖父がフランス系アメリカ人のクォーターという実力派女優の満島ひかりは、安室奈美恵らを輩出した沖縄アクターズスクール出身で、もともとは歌手だった。

1997年に小中学生の男女7人組で結成されたダンスボーカルユニット「Folder」のメンバーとして「HIKARI」名義でデビューしている。
「Folder」は、現在歌手として活躍中の三浦大知がメインボーカルを務めていた。
2000年~2003年までは、女性メンバーのみで「Folder5」として活動している。

「Folder5」が活動を休止してからは、満島ひかり名義でグラビアや司会などのタレント活動を行い、その後女優に転身した。

2009年に公開された映画『愛のむきだし』での演技が園子温監督に大絶賛され、数多くの新人賞を獲得して注目を浴びる。
また2011年7月期のドラマ『それでも、生きてゆく』や、2013年7月期のドラマ『Woman』などでヒロイン役を務めたことにより、お茶の間での知名度もアップした。

ドラマや映画や舞台など多くの作品に出演し、数々の賞を受賞している満島ひかり。
これまでの主な作品は、ドラマ『ダンドリ娘』『モテキ』『おひさま』『若者たち2014』『ごめんね青春!』『ど根性ガエル』『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』『トットてれび』、映画『モスラ2』『デスノート』『少林少女』『プライド』『クヒオ大佐』『カケラ』『悪人』『ラビット・ホラー3D』『北のカナリアたち』『夏の終り』『駆込み女と駆出し男』『愚行録』などがある。

2017年は1月期のドラマ『カルテット』に出演し、主題歌『おとなの掟』で歌声も披露している。
また「MONDO GROSSO」がリリースしたアルバムにゲスト参加していて、ボーカルを務めた『ラビリンス』を『ミュージックステーション』で歌って話題になった。
10月スタートの宮藤官九郎脚本のドラマ『監獄のお姫さま』にも出演予定で、小泉今日子、菅野美穂、坂井真紀、夏帆らとの共演に期待が高まっているようである。

満島ひかりの結婚・離婚の噂 石井裕也

満島ひかりが結婚と離婚をした石井裕也
http://geinou-resistance.info/1649.html

満島ひかりが結婚した後に離婚した元夫は、映画監督の石井裕也である。

石井裕也との出会い

2010年5月に公開された映画『川の底からこんにちは』で監督をしていたのが石井裕也だった。
映画は満島ひかりが主演を務めていて、ファンタジア国際映画祭では最優秀女優賞と最優秀作品賞を獲得している。

満島ひかりが『川の底からこんにちは』の脚本を気に入り、自ら監督である石井裕也にアプローチして出演が決まったそうだ。
この映画で一緒に仕事をしたことがきっかけで、2人は熱愛関係になったようである。

石井裕也との結婚

彼氏となった石井裕也とは、映画の撮影中から同棲をスタートさせたともいわれているようだ。

そして約1年間の交際を経て2010年10月25日にスピード結婚している。
入籍は所属事務所を通してFAXで発表され、満島ひかりが結婚会見を開くことはなかったようである。

石井裕也との離婚

石井裕也と満島ひかりの結婚生活については、あまり語られることがなかったという。
その後2013年頃からは、お互い多忙ですれ違いが続いているなどと不仲説が噂されるようになったのだとか。

そして2016年5月、『FLASH』によって年明けに離婚していたことが報じられた。
離婚の理由は、生活観や結婚観の違いだという。
話し合いによって円満に離婚したようで、慰謝料はないのだとか。
また石井裕也との間に、子供は生まれていなかった。

この時は離婚報道だけでなく、同時に満島ひかりの新恋人が発覚して世間を騒がせたようである。